Skip To Contents

畜産系列化事業

Harim group Performance - 夏林グループは、韓国最高の畜産系列化事業としての力量を備えております。

畜産系列化事業

家禽事業

養豚事業

夏林グループは、タンパク質食品(畜産肉類)の生産・加工・流通の販売部門を統合経営する、いわゆる三場統合経営を革新力量として保有しております。

夏林グループは、タンパク質食品(畜産肉類)の生産・加工・流通の販売部門を統合経営する、いわゆる三場統合経営を革新力量として保有しております。

統合経営は、一般的に'生産およびそれに関連した加工・流通・販売機能を水平、または垂直的に共同遂行する一切の経営活動'と定義されております。つまり、生産から消費に至る複数の価値チェーン段階が互いに関連性を持ち合い、協調と協力がなされたり、単一組織によって統制および管理される経営方式をいいます。このような経営方式が適用された事業領域を系列化事業といい、畜産分野の系列化事業に関する法律的な定義('畜産系列化事業に関する法律')は、'家畜の飼育、畜産物の生産・屠畜・加工・流通機能の全部、または一部を統合経営する事業'と規定しております。

製造業分野では、一般的な垂直統合経営(Vertical Integration)に着眼し、鶏肉分野にこれを導入、高い完成度で定着させた企業がまさに夏林グループです。生産を担当する農場と加工領域の工場、流通/販売領域の市場を統合経営する、いわゆる'三場統合経営'によって、系列化事業の成功モデルを作り上げました。

夏林グループは、韓国の畜産部門の系列化事業、特に鶏肉事業の統合経営の力量においては、韓国最高と自負しています。種畜の改良および繁殖、飼育(肥育)、屠畜および屠鶏、1次加工(新鮮肉)および2次加工(肉加工)、流通(貯蔵/物流)、販売(卸/小売)の供給チェーンの全過程を連携させ、段階別に発生する価値を高めつつも、費用は最小にするシステムを確保しています。

大韓民国を代表する畜産食品の専門企業、夏林グループ 夏林グループの三場統合経営の概念図
夏林グループの三場統合経営の概念図

大韓民国を代表する畜産食品の専門企業、夏林グループ

  • 工場
    • 屠畜/屠鶏
    • 1次加工
    • 2次加工
  • 農場
    • 仕様管理/R&D
    • 種畜(原種は海外から調達)
    • 飼育/肥育
    • 飼料(原料は韓国内外から調達)
  • 市場
    • 流通/物流
    • 卸/小売

統合経営により、農場から食卓に至るまで(from farm to table)、食品の価値チェーンの全過程においてあまねく管理し、安全かつ新鮮で高品質の食品を消費者にご供給いたします。

夏林グループが構築している統合経営システムは、前方(upstream)では種畜、後方(downstream)では小売業に至るまで、その範囲が広いだけではなく、価値チェーン(Value chain)のつながりが硬く、内的充実度が高いという評価をいただいております。

‘夏林グループの三場統合経営とは:

優秀な家畜の種子を育て 飼育農家に供給した後 海外から直接調達した原料穀物を使用し 栄養学的に優秀につくられた飼料を 農家に直接供給し 仕様管理技術を提供し 農家で丁寧に飼育した家畜を 加工工場に移送して屠畜加工し 製品を生産した後 コールドチェーン物流網を通じて 流通市場に供給したり 直接販売することで、消費者の食卓に届けるシステムのことです。